脳梗塞

若い人を襲う脳梗塞の実態

脳梗塞は高齢の人のみに引き起こされるという認識を持っている人は、改める必要があります。結論からいうと、脳梗塞は何も高齢の人に引き起こされる病気とは限らないのです。もちろん高齢の人、つまり60歳以上の年齢の人に引き起こされる割合が高いという事実はあります。

 

しかしながら、この頃は40〜50歳くらいの人に脳梗塞が認められるケースが多くなっているのです。それだけならまだしも、場合によっては10〜20歳くらいの人に引き起こされることすらあります。そのため、脳梗塞は高齢の人のみならず、若い人を襲うことがあるというのを頭に入れておくことが大切となるのです。

 

ちなみに、通常は若い人を襲う脳梗塞、これを若年性脳梗塞といいますが、これは40歳か45歳までに引き起こされた場合を意味していますが、厳密に歳の規定が設けられているわけではありません。また、若年性脳梗塞の原因についてですが、高齢の人の場合と異なる部分があると指摘されています。

 

例として、糖尿病、高血圧や高脂血症のような動脈硬化の危険因子に関し、一種類でも高度の異常を抱える人は、低年齢でも脳梗塞に陥りやすいとされているのです。

 

ですが、若年性脳梗塞を引き起こした人には、こうした危険因子が存在せず、生まれつきの体質や後天的な特定のトラブルが脳梗塞を引き起こしていると疑われる人がけっこういます。

 

そのため、若年性脳梗塞を引き起こした人もそうですが、家族など血の繋がりがある関係の中に脳卒中を引き起こした人がいる場合、原因が分からない脳卒中を招いた人などは、専門機関で詳しい検査を受ける必要があるでしょう。

脳梗塞の外科療法

脳梗塞と結び付きのある内頸動脈狭窄症を招くと、太い脳の血管が狭くなりますが、外科療法により対処する方法があります。
具体的には血管を狭めた元凶の動脈硬化の箇所を除去する内膜剥離術、カテーテルを血管が狭くなった箇所に使い、バルーンという風船やステントという金属により、血管が狭くなった箇所を内側から拡張する血管内手術があります。
内膜剥離術に関しては、血管がどの程度狭くなっているのか、すなわち狭窄率により効果に違いが見られるといわれています。
非常に高い狭窄率の場合には、内科的療法のみ実施するより有効性を示す傾向があるというデータがあります。
ちなみに、狭窄率があまり高くない、軽い状態の人には、内科的療法より内膜剥離術を優先する理由はないとされています。
一方、バルーンやステントを用いる血管内手術に関しては、外科手術を施さずに済むというメリットがあります。
このことから、全身麻酔を行うのが危ない人に対しては、内膜剥離術ではなく血管内手術を行うことが増加しています。
しかしながら、心臓病の人や高齢の人に、内科的療法だけでなく外科的療法をする必要があるのかどうかという点に関しては、正しいかどうかが正式に示されていません。
また、内膜剥離術と同様に研究は行われているものの、明らかになっていない部分があるというのが現状のようです。
そのため、今の段階においてバルーンやステントを使用する血管内手術は、各患者の脳梗塞がどんな脳梗塞なのか、体の状態はどうなのかということに気を遣いながら選ばれることが重要視されています。

血圧を下げる食事法有名サイトのご紹介

5つ星 ヘルケア 「ヘルケア」は、70年以上の歴史を誇る製薬会社エーザイが開発した血圧ケアサプリメント。臨床実験で機能性が実証されました。

>> 詳細はこちら

1 荒木裕 今までの高血圧の常識は間違いだらけだった

>> 詳細はこちら

2 藤城博 たった3日間で血圧を下げることができる食事療法

>> 詳細はこちら

3 李昇昊 年間1000人以上の高血圧症患者を救い続けている

>> 詳細はこちら